さまざまなうどん

さまざまなうどん

うどんにはさまざまなものがあり、名称もそれぞれ異なります。また、うどん専門店によっては、独自の呼び方をしているところもあり、呼び方に明確な決まりはありません。しかし、基本的な呼び方を覚えておかなければ、うどん専門店に行ったとき、何を頼めばいいかわからない……ということにもなりかねません。うどんの頼み方は、ほかの食品と比べて独特なので、うどん専門店に行くときは、あらかじめ情報を収集しておきましょう。

たとえば、かけうどん1つにしても、さまざまな種類があります。しょう油かだしか、まただしは冷たいだしか、熱いだしか、濃いだしか、薄いだしかなど……好みに合わせた選択をすることができます。しょう油のかけうどんのことは「しょう油」、冷たいだしのかけうどんのことは「ひやかけ」、熱いだしのかけうどんのことは「かけ」などといったりします。おそらく、うどん専門店のメニューには、説明書きもされていると思うので、わからない場合はそちらを参考にしましょう。

また、つけだしによっても、うどんは変わります。たとえば、釜あげうどん、湯だめうどん、冷やしうどん、ざるうどんなどが挙げられます。つけだしによって、暑さや冷たさや味が違うと思うので、気分に合わせたものを選びましょう。

    Copyright(C) 自称うどん通が教える!おいしいうどん All Rights Reserved.