東西のうどん

東西のうどん

東日本ではソバが特に親しまれ、西日本ではうどんが特に親しまれているという話を聞きますが、歴史的に見て、東日本こそがソバ、西日本こそがう どん……というわけではありません。実は、東日本においても、ソバが普及していなかった時代は、うどんが親しまれていたようなのです。つまり、東日本はソ バだけに思いいれがあるわけではなく、うどんにも関心が高いということです。

ソバが普及さ れ始めると、うどんも一緒に全国に出回って行きました。ソバやうどんは、おいしいだけでなく、健康面においてもメリットがあるとして、幅広い層の人々に支 持されました。現代においても、うどん専門店が変わらず残っており、わたしたちは伝統の味を存分に楽しむことができます。うどんの生産量が多い都道府県 は、主に香川県や埼玉県、群馬県などが代表的です。この都道府県は、二毛作の小麦栽培が活発で、小麦粉が手に入りやすいという特徴があります。小麦粉が手 に入りやすいということは、うどんが作りやすいということです。また、うどんはその時期、一般的に親しまれている食事だったそうです。

西日本は、うどんが活発なところですが、ソバのお店の数も決して少なくありません。そのため、西日本といえばうどんというのも改めるべきでしょう。

    Copyright(C) 自称うどん通が教える!おいしいうどん All Rights Reserved.