栄養の良いうどん

栄養の良いうどん

うどんは栄養が良く、消化もいいので、健康促進のためにも一般的に食べられています。特に、風邪を引いて熱が出ているときにピッタリの料理で、子どもに作ってあげている保護者の方も多くいらっしゃると思います。うどんは口当たりもやさしく、するすると飲み込むことができるので、食欲がないときにもおいしく食べることができますからね。

うどんの原材料のほとんどは小麦粉なので、とうぜん、うどんの主成分は炭水化物になります。炭水化物は、ご飯やパン、パスタなどの主成分であり、主に主食と呼ばれるものに多く含まれています。炭水化物は、体内でブドウ糖に変わった後、さらにグリコーゲンへと変わります。これは、主に脳のエネルギーとして役立つ成分です。わたしたちの脳が働くことができるのは、炭水化物のおかげなのです。

そして、うどんはご飯やパンなどと比べて、消化吸収が早いという特徴があります。消化吸収が早いということは、食べてからすぐに脳にエネルギーが行き渡るということであり、おなかにやさしく、迅速に脳のエネルギー不足を解消してくれます。おなかにやさしい分、おなかの調子が悪いときにも、うどんは重宝しますね。ただし、消化が早い分、すぐにおなかが減ってしまうのは難点かもしれません。

    Copyright(C) 自称うどん通が教える!おいしいうどん All Rights Reserved.