うどんのマナー

うどんのマナー

うどんは地方によって違いますが、マナーとなる食べ方があります。一般的には、麺はずるずると音を立てて食べても構わないものですから、うどんも音を立てて食べるのが普通です。空気も一緒に勢い良くすするのが、むしろ醍醐味といえるかもしれません。
しかし、地域によっては、派手な音を立てることを禁止にしているところもあります。やはり、麺といっても、音を立てないで食べたほうが美しいといえますからね。

どうやって、うどんを派手な音を立てずにすするかというと、一気に飲み込むように口の中に吸い入れます。うどんは早食いされることが多いものなので、ほとんど噛まずにうどんを飲み込んでいることが多いように思いますが、噛み切ることくらいはしているようです。うどんはつるつると喉に流し込めますし、飲み込むこと自体はそこまで苦ではないでしょうが、少々体に悪い食べ方のようにも感じます。噛み砕くことはしないようなので、噛み切れない部分は、丸呑みしていると思っていいでしょう。

また、つけだしで食べるときは、うどんが器からはみ出さないように気をつけましょう。特に、長いうどんははみ出す可能性が高いので、いっぺんにつけだしの入った器に入れないほうがいいと思います。

    Copyright(C) 自称うどん通が教える!おいしいうどん All Rights Reserved.