自称うどん通が教える!おいしいうどん TOP

このサイトについて

うどんは、日本で一般的に親しまれている料理です。うどんは、その麺の太さが特徴であり、それを生かした味付けがされます。麺が細い場合は、うどんとは呼ばず、冷麦やソーメン、麺が薄い場合は、きしめんやほうとうなどと呼ばれます。つまり、麺が太い場合に限り、うどんという名前になるのです。麺が細いだけで、別の料理になってしまいます。

うどんは中国から日本に伝わったとされています。現代では、日常の食用から、祝い事のときまで、幅広く親しまれている料理です。また、日本全国で食べられていながら、地域によって調理法や食材が異なるのも特徴です。

もっとも、うどんは、それほど大量に買っておけないので、あまり頻繁には食べない料理ともいえます。やはりご飯やパン、パスタなどと比べると、食卓にあがる頻度は少ないと思います。しかし、うどんは炭水化物が豊富なので、十分それらの代わりになります。

うどん専門店というのがあり、専門に扱われているほか、普通の外食チェーン店のメニューにも載っています。また、食品店などで乾麺・茹で麺として売られていたり、カップ麺として売られていたりする場合もあります。うどんは、日本人には欠かせないものといっていいでしょう。

最新情報

おすすめ情報

ブログ

Copyright(C) 自称うどん通が教える!おいしいうどん All Rights Reserved.